注文住宅は施主の希望と住みやすさを第一に

人生の中で自分の住宅を取得する機会を持てる人は、恵まれた層の人々で、更に一戸建て住宅の注文住宅ともなれば、その機会を持てる人は極めて少なく、本当に一握りの諸氏です。
それもあって、注文住宅を建築しようとするときは、斬新で、人目を引き、且つ建築雑誌にあるような個性的な住宅を施主は希望してしまいがちです。
確かに、個性的注文住宅は、施主のアイディンティーを満足させ、施工する工務店においても、建築設計士においてもそれぞれの存在感を出せる住宅であることから、いきおい斬新性にウエイトを置くことになってしまいます。
しかし、工務店、建築士がその注文住宅で寝起きして日々生活を続けるものではなく、施主がその注文住宅で、継続して癒され、また利便性の高い空間を住宅として活用出来るかどうかが最重要要件であることを忘れてはいけません。

建築士にとっては、その注文住宅は自分の作品であること、知識や技能や感性の発露であることは否めません。

そのため、時として、デザイン性に重心をおき、施主(家族)の希望や必須条件加えて利便性などを犠牲に、地域社会環境から浮き上がった外観をもつ注文住宅が出来上がってしまいます。当然、施工、着工までにはその住宅の設計図面類は、丁寧に開示されるでしょうが、一般の施主では図面類や模型類から完成現物をイメージするのは難しいものです。

どうしても他人事のように理解し、その設計を承認してしまいます。

そのため、完成後、入居して四季をとおして生活して、始めて不都合な点、デザイン優先事象などに気がつくものです。当然注文住宅を建築するのですから、設計士及び工務店の関与は避けて通れません。

しかし設計士及び工務店ペースに一方的にならないためにも、施主は確りとしてポリシーを貫かなければ悔いを残す注文住宅になってしまいます。その悔いを残さないために、施主はどのような知識や情報を持つべきでしょう。


その知識とは、日本古来からの住宅を再評価や再検討してみることから始めれば、きっと住みよい良い住宅が出来上がるはずです。

日本人の知恵と感性の集合体が、古民家であり京町屋であり、茅葺民家です。


これらの良さと、施主の感性を是非、設計士に伝え、住みやすい住宅を完成させてください。

http://www.zentaku.or.jp/
http://www.kyodokumiai.org/
http://www.kyoto.zennichi.or.jp/